【ARK】ARKサーバーの種類、選び方、おすすめサーバーを紹介!公式/非公式/PVE/PVP

ARK:ASE

この記事では、ARKのサーバーの選び方について紹介していきます。

ARKを始めたばかりでどこから始めたらいいかわからない初心者さん、ローカルから公開サーバーに移りたい方は参考にしてみてください。

ARK: Survival Ascended版はこちらの記事で解説しています。↓

サーバー検索の仕方

ARKを起動したら左メニューの「サーバー検索」をクリックすると、サーバー検索画面に進むことができます。

この画面から直接サーバー名を検索したり、条件を絞り込むことができます。

次に、各用語について説明していきます。

PVE・PVPとは?

モードにPVEとPVPっていうのがあるけど何が違うの?

まず初めにサーバー選びをするにあたり、PVEとPVPという用語について説明していきます。

PVEとPVPの違いはこのようになります。

PVEPlayer vs Enemyの略称で、対CPU。他プレイヤーを攻撃できない。他プレイヤーと交流ができるモード

PVPPlayer vs Playerの略称で、対プレイヤー。他プレイヤーを攻撃できる。拠点をレイドして物質を略奪できるモード

簡単に言うとPVEは平和にゲームをプレイしたい人向け、PVPは他プレイヤーとの戦いを楽しみたい人向けになっています。

違いは分かったけど、初心者はどっちを選んだほうがいい?

初心者はPVEから始めるのがおすすめだよ!

ゲームを始めたばかりの初心者さんはPVEから始めることを推奨します。

理由としては、PVPはARKの知識が必要不可欠であり、初心者さんがいきなりはじめても猛者に勝つことはできず、楽しくないと思ってしまう人が多いからです。

なので初心者さんはPVEからはじめて、ARKの基礎知識をつけてからPVPに行きたい人はいくのがおすすめです。

どうしてもPVPから始めたいという方は、PVP経験者と始めるか、動画(PVPは動画自体が少ない)などで知識をつけて始めることをおすすめします。

次からは各サーバーの種類について説明していきます。

公式サーバーとは?※9月末をもって終了しました。

まず最初に公式サーバーから説明していきます。

公式サーバーとは、名前の通りARKの運営が管理しているサーバーで、最も多くの人が遊んでいるサーバーです。

公式サーバーのメリットデメリットについて見ていきましょう。

遊んでいる人が多く、他プレイヤーとの交流がしやすい!
・公式が管理しているため突然鯖が削除されることがない!(2023年8月で終了予定)

・日本鯖がない為ラグがあり、頻繫にロールバック(時間巻き戻し)がある
・拠点維持がめんどくさい
・人気建築スポットは大体取られているため好きなところに拠点が立てられないことが多い

一見、デメリットが多く見えますが公式サーバーの一番の見どころは他プレイヤーとの交流なので、これからARK界隈でいろいろ交流したい人には非常におすすめのサーバーになっています。
※公式サーバーは2023年9月末をもって終了しました。

※サーバー終了後ローカルにデータを移せる模様

2023年10月末に出るASA(ARKリメイク)に期待しましょう!

ここからは公式サーバーに関して補足していきます。

公式サーバーには通常の公式サーバーのほかに、何種類かのサーバーが存在します。その中でも代表的なサーバーの特徴をまとめてみました。

PVE-Official-Beginner(ビギナー) サーバー

・サバイバーの最高レベルが44(通常105)
・野生動物の最高レベルが30(通常150)
・生物の持ち込み禁止、通常公式サーバーへ持ち出しは可能
・2週間程でワイプ(サーバーリセット
)

ビギナーサーバーは主にARK初心者が練習のためにあるようなサーバーです。初心者が始めるにあたっては良いサーバーではあるものの、2週間ほどでサーバーがリセットされるため、最低限の生物がそろったら通常の公式サーバーに引っ越しましょう。

PVP-Official-SmallTribes(スモールトライブ) サーバー

トライブ上限人数が6人、同盟不可
・全倍率が2倍

人数制限のあるPVPサーバーです。PVPをやりたいけど大規模トライブが怖い人、PVP初心者におすすめのサーバーです。

PVP-Official-ARKpocalypse(アポカリプス)サーバー

・一ヶ月でワイプ(サーバーリセット)
・全倍率が3倍

一ヶ月ごとにサーバーがリセットされるため、スタートラインがみんな一緒のサーバーです。一からスタートダッシュをしたい人、少しだけPVPをやってみたい人におすすめのサーバーです。ただしチーターが多いことでも有名なサーバーです。

PVP-Official-Conquest(コンクエスト)サーバー

・トライブ上限人数が25人、同盟不可、サーバーの上限人数100人
・全倍率2倍

大人数で大戦をやりたい人向けのサーバーです。

これら以外にも通常とは違うサーバーがありますが、あまり見る機会がないサーバーなため今回は割愛します。

非公式サーバーとは?

次に紹介するサーバーは、非公式サーバーです。

非公式サーバーは、公式サーバーとは違いARK運営が管理しているわけではなく、一般人が作成、管理しているサーバーです。

そんな非公式サーバーのメリットデメリットですが

・日本鯖があるため公式よりラグが少ない(サーバーによる)
・MODやプラグインが導入されているサーバーがある!
・各倍率が公式ほどきつくないサーバーが多く、時間がない人でも遊びやすい!

・いきなりサーバーが消えることがある
・サーバーの人数によっては他プレイヤーと会うことがない
・全マップそろってないサーバーがある(Centerだけないところが多い)

非公式サーバーはサーバーによって個性があり、自分に合ったサーバーを見つけやすいです。

しかし、悪い意味で個性ががあるサーバーがあるため、サーバー選びはしっかり行いましょう。

サーバー選びのコツはあるかな?

ブログ主がサーバー選びで特に意識してる点を教えるよ!

ブログ主がサーバー選びをする際に見ていた点はこちらです。

サーバーのDiscordはあるか
・マップは何種類あるか
・鯖の人数はどれくらいか
・倍率はどれくらいか

主はこの4つの点を意識して探していました。

特に意識していた点はDiscordですね。

理由としては、専用Discordグループがあるサーバーは、管理人がしっかりしているところが多く、いきなり鯖閉鎖、いきなりの仕様変更などが起きにくいからです。

特に大規模非公式サーバーは、各不具合の対応がしっかりしていたり、サーバー自体が強くラグが少ないことが多いためDiscordの有無は意識していました。

ブログ主おすすめサーバー

おすすめとして、現在ブログ主が一年間暮らしている非公式サーバーを紹介しときます。

この鯖の特徴としては、

・センター以外の全マップ稼働、一部MODマップも稼働(マップ転送なし)
・ゲームバランスを壊さない程度の倍率、便利プラグイン
・日本鯖なのでラグが公式より少なく、バグ対応もある
・日本のARKサーバーの中では大規模

非公式を探すのが大変だったり、わからない人は試しに入ってみよう!

Village Server公式Wiki | ARK:Survival Evolved
概要 このWikiについて Village Server公式Wikiです⛺ 下記のWikiに移行しました 今後案内する場合はこちらのアドレ...

さいごに

最後にまとめると、

・ARKサーバーにはPVEとPVPがあり、初心者はPVEから始めるのがおすすめ。
・公式サーバーは他プレイヤーとの交流をメインに遊びたいしたい人におすすめ。ゲームメインで、これから半年以上同じ環境で遊びたい人にはおすすめできない。

※ARK(ASE)の公式サーバーは終了しました。
・非公式サーバーは各サーバーに個性があり、自分に合ったサーバーが見つかりやすいが、サーバーによってはいきなり消える可能性もあるので鯖選びが重要。

といった感じです。

みなさんのARKデビューのお手伝いができたなら幸いです。

以上、「ARKサーバーの種類、選び方、おすすめサーバーを紹介!」でした!いいARKライフを!

この記事を書いた人

2023年2月からブログをスタート。主にARK(ASE/ASA)の攻略記事を書いています。おかげさまで月間最高14万PV達成!ARKのプレイ時間はASEが4500時間、ASAは1500時間。現在は公式PVE/非公式VillageServer/ローカルでプレイ中。Yotubeチャンネル「らてぶろぐ」にて解説動画を投稿、Twitterでは普段のARK生活をツイートしてます。

たっぷりらてをフォローする
スポンサーリンク

ARK: Survival Ascended 関連記事
ARK:ASE小ネタ・便利記事
スポンサーリンク
らてのARK・ASA攻略ブログ

コメント